めっくろぐ

備忘録

養命酒 駒ヶ根工場の見学に行ってきた

www.yomeishu.co.jp

 

はじめに

薬用養命酒というと,おじいちゃんおばあちゃんの家にあるモノというイメージがあるかもしれませんが,最近では割と若い方にも飲まれているそうです.

www.yomeishu.co.jp

私の場合,大学のサークル内で養命酒がとても流行ったことがあり,

今でも継続的に飲んでいます.

健康的に卒論を書き終えることができたのも,養命酒のおかげです(?)

 

そんな養命酒は,長野県の駒ヶ根工場で作られており,

その工場見学が結構面白いらしい,ということを聞きつけ,

駒ヶ根まで来たついでに行って参りました.

 

徒歩で行ってみる

公式の案内によると,駅からタクシーorクルマでお越し下さいとのこと.

公共交通のみで行くのは厳しそうでしたが,地図で見てみると,

GoogleMapでは,駅から徒歩40分ということでギリギリ歩いていけるかなという感じ.

 

実際に歩いてみました.

JR飯田線伊那福岡駅という無人駅で降ります.

f:id:mechlog:20170815210338j:plain

終始10%程度の上り勾配です.小雨模様だったので何とか行けましたが,夏の晴れの日には汗だくになると思われます.30分ぐらいで着きました.

f:id:mechlog:20170815210402j:plain

養命酒の工場は,,,

f:id:mechlog:20170815210423j:plain

玄関前にひまわり畑がある,素敵な工場でした.

 

概観

工場内には見学施設のほか,ショップ,カフェなどがあります.

オープン時刻の前に着きましたが,敷地内には入ることができました.

「健康の森」として自然が残されており,工場とは思えないような空間です.

f:id:mechlog:20170815210451j:plain

敷地内で遺跡が見つかったそうで,竪穴式住居などの再現もされています.

ややシュール.

f:id:mechlog:20170815210508j:plain

 

工場見学

この見学施設は,今年の4月にリニューアルしたばかりだそうです.

巨大養命酒がお出迎え.

f:id:mechlog:20170815210843j:plain

この先の製造工程の見学等は,無料ですが予約が必要です.

受付を済ませると,試飲時間にお酒を飲むか飲まないかで色分けされたバッジを渡されます.

f:id:mechlog:20170815210918j:plain

集合時刻までは,エントランスの展示を見学.歴代の養命酒ビンなど,貴重な資料が並んでいます.

f:id:mechlog:20170815210937j:plain

そして,至る所に養命酒

f:id:mechlog:20170815210951j:plain

f:id:mechlog:20170815211949j:plain

時間が近づくと,大勢の人が集まってきました.40人ぐらいはいたかな?

なかなか不便な場所にあるにも関わらず,この見学コース,結構人気らしいです.

 

見学が始まると,まず紹介ムービーを鑑賞した後,製造工程を学ぶ展示を見学します.

展示室に入ると独特の匂いがします.それもそのはずで,

f:id:mechlog:20170815211038j:plain

養命酒に入っている14種類の生薬の実物が置いてあるのです.

実際に触って,匂いを嗅ぐことができます.

 

養命酒は,みりんベースの原酒に生薬を漬け込むことで作られます.

f:id:mechlog:20170815211058j:plain

この大きな袋1つあたりに,約200kgの生薬が詰められ,

f:id:mechlog:20170815211110j:plain

上の四角い浸漬タンク内に入れられ、原酒に漬けられます.

下の調整タンクとの間で原酒が循環し,60日間かけて抽出するそうです.

この1組のタンクで作られる養命酒の量は,1Lビンで35000本分にもなります.

f:id:mechlog:20170815212025j:plain

この工場が駒ヶ根の山中にあるのは,駒ヶ岳の地下水を原酒を作るために使っているからだそうです.

さらに,傾斜地に工場があることを利用して,工程順になるように上から建物を配置することで,動力を使わずに原酒を運ぶことができるシステムなんだとか.なんて合理的.

 

続いて,養命酒のビン詰め・梱包工程の見学ですが,こちらは写真撮影NGでした.

また生憎,休日のためラインは動いておらず,,,

紹介ビデオと合わせて,止まったラインを見学するかたちとなりました. 

ビン詰,封印,計量カップを載せて箱に詰めるところまで,全て自動化されています.

動いている所を見られたら,機械好きの私は感動したことでしょう.

 

最後は試飲の時間.

お酒を飲む方には,養命酒のほか,養命酒製造が作っている嗜好品用のお酒2種類が提供されていました.

今日はお酒を飲まない私は,黒酢人参を頂きました.

f:id:mechlog:20170815211234j:plain

さらにお土産のプレゼントまで.

f:id:mechlog:20170815211252j:plain

80分のコースでしたが,本当にあっという間に終わってしまう,充実の内容でした.

 

ショップ・カフェ

ショップでは,養命酒製造の製品が取り揃えられています.

f:id:mechlog:20170815211436j:plain

ちなみに養命酒は,お酒ではなく第二類医薬品です.

そのため養命酒を売っているこのショップにも,ちゃんと薬剤師さんがいるそうです(気になってわざわざ聞きました).

 

限定品の,養命水と本みりんを買ってきました.

どちらも原酒のもととなるもので,

養命水 → 本みりん → 養命酒

とつながるわけですな.

 

時間の都合上行けませんでしたが,信州産の食材などを使った料理が楽しめるカフェもあり,なかなかの賑わいを見せていました.

 

まとめ

養命酒ファンの皆様は勿論ですが,そうでない方も,近くに来たらぜひ行ってみてください.きっと養命酒生活を始めたくなることでしょう.

意外なことに,家族連れで来ている人がとても多く,かなり賑わっていました.

(というか,1人で来ていたのは私だけだった気が...)

お友達なんかと一緒に行くと,試飲などでワイワイできてとても楽しいと思います.

 

予約なしでもショップやカフェなどは利用できますが,やはり一番おもしろいのは工場見学ツアーなので,早めに予約して行かれることをお勧めします.空きがあれば飛び入り参加できるようですが,休日は満員になることが多いようです.

駒ヶ根工場 見学のお申込み | ReservationEngine

工場を見学してみて,養命酒がますます好きになったので,これからも飲んでいきたいと思います.

大型二種 教習5日目

方向転換・縦列駐車

両方とも,普通車の教習でもやりますね.

基本的には同じですが,

駐車完了時に,車体後ろとポールの間隔を50 cm以内に近づける,

という課題が加わっています.

運転席からバスの後端までは約 10 m 離れているので,そのなかで50 cmを見極めるのはかなりシビアな作業になってきます.

何度かやりましたが,接近させすぎて2回ぐらいポールにぶつけました.試験ならば失格です.

 

毎度同じ参考動画↓

方向転換

 

縦列駐車

 

普通車の教習だと,

「ポールの何本目がサイドミラーに映り込んだらハンドルを回す」

みたいな教わり方をして,

それで卒検は受かるんだけど実際には駐車できない,

という人は多いと思います.

私も,普通免許を取ってから暫くペーパーだったので,

一人で運転し始めた頃,改めて駐車の仕方を自分で調べ直したものです.

 

駐車などでゆっくり旋回させるとき,クルマは幾何学的な動きをします.

 

縦列駐車での幾何学的な動きについて,分かりやすいアニメがありました↓ 

Animated GIF  - Find & Share on GIPHYgph.is

 

後輪が円弧の接線上にあることが重要で,

そこを意識するようにしたら,上手く駐車できるようになりました.

 

今回の教習に話を戻すと,

バスの場合,車体が大きいことによって距離感が狂い,駐車が大変になります.

何回か練習して,一応全部入りましたが,切り返しを要したときもありました.

最初の駐車開始位置を決めるところが,攻略のポイントのようです.

 

これで,第一段階の教習課題は一通り経験したことになります.

あとは練習あるのみです.

 

修検コース練習

修了検定に向けて,試験と同じコースを走り,技を磨いていきます.

 

走ってみた感想をメモ↓

  • クランクは苦手.切り返しすれば通過できるけど,一発で通せるようにしたい
  • 昨日の隘路も,やっぱり惜しいところで切り返しを要する.指導員氏曰く,最後のツメが甘い.自分の性格が出てるな~
  • 何もなければスムーズに走れるが,他のクルマへの対応で忙しくなると,操作が不安定になる.ちょっとしたことでクラッチを踏んでしまう癖を直したい.
  • クラッチのつなぎ方,もっと丁寧にしないとお客さんが転んでしまう...
  • 左折時は,もっとゆっくりでいいので,しっかり縁石に寄せながら曲がる.

 

コース内には,修検の練習をしている教習車が他にも複数台いました.

狭いカーブ等でのバス同士のすれ違いは,緊張もしますが,それよりもワクワクしてしまいます.変態ですかね?

 

f:id:mechlog:20170813192001j:plain

夕方,散歩してきました.東京と違って夕方は涼しい!

MATLABのイースターエッグ

今このブログのロゴに使っているハスキー犬らしき画像ですが,

MATLABの隠しコマンド的なヤツで出したものです.

f:id:mechlog:20170813113828p:plain

"spy" とだけ打ってやると,

f:id:mechlog:20170813113910j:plain

このように.

これ,著作権とかあるのでしょうか...? ちょっと引っかかってます...

 

ちなみに,2010b以前では,出てくる絵が違いました↓

f:id:mechlog:20170813114136j:plain

こいつは何...?

新しいMATLABでも,この絵を出すことができます.

コードはこちらに書いてありました↓

undocumentedmatlab.com

大型二種 教習4日目

鋭角コース

大型二種教習の山場の一つです.

頂角が60°の三角形コースに突っ込んでいって,

切り返し3回以内で通過するという課題.

参考動画↓

各タイヤの位置の感覚を掴めているかが,ポイントです.

嫌らしいことに,微妙に傾斜がついているので,

ブレーキと断続クラッチの使い方に細心の注意を払い,

本当にゆっくりゆっくり進みます.

たまたま,鋭角をやっている教習車が多い時間で,

数回しかできませんでした...もっと練習したい.

 

身体障害者などへの対応(学科)

バスドライバには,クルマを転がす技術だけでなく,

お客様にしっかりと対応できるスキルも求められています.

公共交通機関なので,特にお年寄りや体の不自由なお客様などが,

快適に利用できるように心掛ける必要があるわけです.

教習にも,そうした項目が組み込まれています.

 f:id:mechlog:20170813105936j:plain

私が持っている大特二種やけん引二種では,

試験場での技能合格後の取得時講習が無いため,

普通,中型,大型二種のいずれかを後から取得する場合,

身体障害者への対応や,応急救護などの実技系の学科を受講しなければなりません.

 

ビデオで,車椅子のお客様のタクシー乗車補助や,バスへの視覚障害者の誘導などについて学びます.

古めのビデオで,バスなんかツーステップだったので,車椅子を4人ぐらいで担ぎ上げて乗せていてかなり大変そうでした.ノンステップバスの普及は大事ですね.

 

あとは,実際のバスのところに行って,受講者二人一組で,アイマスクを着けた視覚障害者役をバスの車内まで誘導する練習をしました.誘導される側の方は,結構怖いんだなと実感.

 

隘路(あいろ)

例によって参考動画

いろいろ細かいルールがあるのですが,ザックリ言うと,

90 ° 転回して目標の枠内に車体をぴったり収めるという課題.

試験では切り返しが認められていますが,

この課題に関しては最初からいい感じに出来ていたので,

切り返しなしで出来るように練習してみよう,と指導員氏.

 

毎回,惜しいところで切り返し1回は必要な感じでしたが,

最後にやった1回は,なんとかギリギリ一発で収まりました.

 

あとは,前の時間に練習が足りなかった鋭角に再チャレンジ.

隘路のおかげか,さっきよりもタイヤ位置の感覚が掴めてきたように思います.

大型二種 教習3日目

今日の教習は,朝一番と,夕方最後の2時間だけです.

しかも夕方はシミュレータでの教習です.バスには1時間しか乗れません.

なんとつまらない…

 

S字,クランクコース 

朝は,S字,クランクコースをやります.

参考動画↓

バスの構造的な特徴として,

前輪が運転席よりも遥か後方にあるということがあげられます.

このため,S字やクランクでは,

大きくハンドルを切った時に,運転席が道路外にはみ出す形になります.

前輪の位置を意識することが,攻略のコツになりそうです.

S字は,コースの設計上,前輪をカーブの外側にぴったり沿わせながら走れば,絶対に後輪は通れます.

一方でクランクは,曲がり角で,どのタイミングで思いっきりハンドルを回すのかを考えなければならないので,難易度が上がります.

今回は時間切れになってしまいましたが,特にクランクはもう少し練習したいですね.

修了検定の課題にもなっているので…

 

遠足 

夕方まで時間がたっぷりあるので,山に登ってみました.

近くの駒ヶ岳登山道の入り口に,千畳敷カールという名所があり,バスとロープウェイで行けます.

 

駒ヶ根駅からバスに乗ります.

伊那バスの日野レインボーⅡ

f:id:mechlog:20170813100245j:plain

出発してから,ずっと上り坂が続きます.

途中の黒川平からマイカー規制が行われており,クルマで来た人もこの辺りからバスに乗り換えて登ります.

規制区間に入ると,普通車同士ですれ違うのも難しいような,狭く曲がりくねった道を30分ほど登っていきます.

f:id:mechlog:20170813100301j:plain

後輪の上にある座席に座って窓の外を見ていましたが,タイヤとガードレールが10 cm 程度しか空いていないようなカーブを,かなりのスピードでカーブを曲がっていきます.

今朝,狭路通行の大変さを思い知ったばかりなので,見ていて本当に感心します.

f:id:mechlog:20170813100425j:plain

ロープウェイに乗り換えて上まで行きましたが,生憎の天気で殆ど何も見えず.

f:id:mechlog:20170813100444j:plain

一面の霧というのも面白かったので,あまり不満はないですが,ぜひ晴れているときにも来てみたいものです.

f:id:mechlog:20170813100501j:plain

ちなみに晴れているとこんな景色らしい↓

f:id:mechlog:20170813100639j:plain

出典:駒ヶ根市観光協会ライブラリー

 

下りのバスは先頭の席を陣取って,運転を観察.

道が狭すぎてすれ違えないので,絶えず連絡を取りながら,適時,下り側のバスが待避所に入って離合します.神ワザ.

f:id:mechlog:20170813101006j:plain

帰ってきたら,麓もぐずついた天気になっていました.

 

急ブレーキ体験

実車でやる教習所もあるみたいですが,今回は残念ながらシミュレータでの教習でした.シミュレータだと,あまり勉強にはなりませんね.でも,あと3,4回はシミュレータを使った教習があるみたいです...

f:id:mechlog:20170813101106j:plain

シミュレータは,三菱プレシジョン製で,Windows Embedded Standard 7上で動くものでした(暇なので,しょうもないところを観察してた).

小型特殊自動車免許の取得

小型特殊自動車免許(小特)を取得した時の記録をまとめておく.

 

高校を卒業してすぐの春,身分証として良いという親の勧めで原付免許を取った.

わずか一日でいとも簡単に免許証が貰えたので,他にも同じように取れるものはないのかと帰ってから調べていると,「小特」というものがあることを見つけたのだった. 

細かい定義は色々あるのだが,最高速度15 km/h 以下のトラクタなどの車両が運転できる免許である.原付もそうだが,普通免許の下位免許(ランクが下の免許)に当たる.つまり,普通免許を持っている人は小特を運転できてしまうので,普通免許を持つことが当たり前となってしまった現代では,小特免許はあまり意味がないように思われる.

小特免許は,運転免許試験場での学科試験に合格さえすれば即日発行される.同じように即日で取れる原付免許の場合は,学科試験合格後に実際にバイクに乗る講習を受けなければならないが,小特免許にはそれすらない.講習代が発生しないので,小特免許は最も安く取得できる免許でもある(東京都の場合はわずか3550円). 

実際に小特免許の取得に動いたのは,その存在を知ってからちょうど一年後のことだった.

原付のような市販の試験問題集がないので,とりあえずネットで調査していると,特有の問題は,制限速度が15 km/hであることと,二段階右折がないことぐらいで,問題形式はほぼ原付と一緒らしい.そういうわけで原付問題集を何度か読んで試験対策とした.

東京都の場合,府中,鮫洲,江東の3つの試験場があるが,小特はその何れでも受験できる.このときは江東に向かった.小特を取りに来る人は本当に稀なようで,案内窓口やら視力検査やら回る先々で,「小特をとるんだね?」と何度も確認された.

試験は午後.130人ぐらいの受験者がいる部屋の一番前に座らされ,全体説明が始まる前に試験が寄ってきて,「小特の試験時間は30分で,45問以上で合格です」と小声で説明してくれた.問題用紙も,小特のマークが特別にされたものを先に渡してくれた.となりに座っている一般の学科を受験する兄ちゃんが,怪訝そうな表情で何度もこちらを見てくる.ここまで特別扱いを受けておいて,落ちてしまったらとんでもなく恥ずかしいなと思い,緊張する.

試験内容は,下調べ通り,原付とほぼ同じ.最後のイラスト問題も,一応「小型特殊自動車を...」という文言になっていたが,イラストは原付のハンドルが描かれたものだった.

時間は余り,3周も見直して25分ぐらいで退出.退出時に「すぐ結果出るから,待ってて」と言われ,廊下で待機.すると5分後ぐらいに試験官から名前呼ばれ,「合格だったので」とあっさり言われてしまった.

自分の結果は表示されないが,一応ほかの免許の結果発表にも呼ばれ試験室へ戻る.さっき試験を受けた部屋の前にはモニタがあって,合格者の番号が出る仕組みになっている.さっきこちらを見てきた兄ちゃんは落ちていた.結構落ちるもんなんだなと驚くが,試験官曰く,「今回の合格率はだいたい60 %で,午後にしては良い方」とのこと.朝8時半集合でそれなりに気合いの必要な午前試験の方が,合格率は高いらしい.

あとは写真撮影の後,免許の出来上がりを待って,受け取っておしまい.原付のみが入ったグリーン免許が,小特の文字も加わったブルー免許に変わった.初めての免許からたった1年でブルー免許になって,得した気分だった.

f:id:mechlog:20161203002803j:plain

MATLABのService End Date

昨夏、自習用に MATLAB and Simulink Student Suite 2015b を購入した。

ところが、Mathworks社のアカウントページでライセンスを見てみると、"Service End Date" という怪しげな文字が。

f:id:mechlog:20160902223334p:plain

たった1年間で使えなくなってしまうのか? 1万円も出したのに。

 

そしてその1年後の先日、期限切れをむかえた。

結論としては、MATLABを動かすこと自体は可能だった。

しかし幾つか制約がついた。

 

"Service End Data" は、それ以降、新たなサービスを入手できなくなる期限、ということらしい。

まず、今後リリースされる新バージョンの入手はできない。

私のMATLABの有効期限は2016年8月31日だったので、それ以前にリリースされている MATLAB 2016a までは入手できるが、

今秋リリース予定の MATLAB 2016b 以降の入手はできない。

有効期限以前にリリースされたバージョンを、期限切れ後に際ダウンロードすることは可能である。これは実際に確認できた。

 

さらに、Toolboxの追加購入が不可能になってしまった。

Toolboxを購入しようとすると、

f:id:mechlog:20160902222916p:plain

ソフトウェア保守サービスの更新を求められる。

 

この保守サービスの更新、お値段は5990円(おそらく税抜き)。

アカウントページの、該当ライセンスを選択すると、期限切れの場合、保守サービス更新パッケージの購入欄が表示される。そこから、Toolboxなどを購入するときと同じように、クレジットカードを使ってオンライン購入できる。

f:id:mechlog:20160902223515p:plain

購入後は、保守サービスを1年間延長され、以前と同じように使用できるようになるようだ。

 

以下のような複数年パックも見つけたが、手間が省けるというだけでお得になるわけではないようだ。

f:id:mechlog:20160902223101p:plain

 

実は、以前から購入しようか迷っていたToolboxがあったのだが、うだうだしている間に上のような状態になってしまったのである。

もっと早く買っておけばよかったと後悔している。