めっくろぐ

Mechanical engineering Log - 備忘録

MATLABのService End Date

昨夏、自習用に MATLAB and Simulink Student Suite 2015b を購入した。

ところが、Mathworks社のアカウントページでライセンスを見てみると、"Service End Date" という怪しげな文字が。

f:id:mechlog:20160902223334p:plain

たった1年間で使えなくなってしまうのか? 1万円も出したのに。

 

そしてその1年後の先日、期限切れをむかえた。

結論としては、MATLABを動かすこと自体は可能だった。

しかし幾つか制約がついた。

 

"Service End Data" は、それ以降、新たなサービスを入手できなくなる期限、ということらしい。

まず、今後リリースされる新バージョンの入手はできない。

私のMATLABの有効期限は2016年8月31日だったので、それ以前にリリースされている MATLAB 2016a までは入手できるが、

今秋リリース予定の MATLAB 2016b 以降の入手はできない。

有効期限以前にリリースされたバージョンを、期限切れ後に際ダウンロードすることは可能である。これは実際に確認できた。

 

さらに、Toolboxの追加購入が不可能になってしまった。

Toolboxを購入しようとすると、

f:id:mechlog:20160902222916p:plain

ソフトウェア保守サービスの更新を求められる。

 

この保守サービスの更新、お値段は5990円(おそらく税抜き)。

アカウントページの、該当ライセンスを選択すると、期限切れの場合、保守サービス更新パッケージの購入欄が表示される。そこから、Toolboxなどを購入するときと同じように、クレジットカードを使ってオンライン購入できる。

f:id:mechlog:20160902223515p:plain

購入後は、保守サービスを1年間延長され、以前と同じように使用できるようになるようだ。

 

以下のような複数年パックも見つけたが、手間が省けるというだけでお得になるわけではないようだ。

f:id:mechlog:20160902223101p:plain

 

実は、以前から購入しようか迷っていたToolboxがあったのだが、うだうだしている間に上のような状態になってしまったのである。

もっと早く買っておけばよかったと後悔している。